東京事変のライブ決行はなぜされた?無責任・最悪とツイッターで炎上!ネットの賛否両論/反応まとめ

今は新型コロナウイルスの感染を懸念して多くのイベントやコンサートライブが中止や延期といった措置を取っています。

活動が自粛されていくなかで、2月29日に椎名林檎がボーカルである東京事変のコンサートライブは決行されました。

このことがネット上で色々な物議をさらしています。

2020年ライブツアー「ニュースフラッシュ」を決行することにした東京事変は「なんでこの時期に普通にやったのか?」といった声がきこえてきたり、このことについて「無責任ではないか?」「大丈夫なのか?」といった声もあります。

今回のネットの話題を中心になんでライブを実行したのかをまとめました。

東京事変がライブをした理由はなぜ?うるう年が関係?/新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの影響も心配されることでイベントやライブコンサートといった人が多く集まることは中止や延期といったように活動自体に自粛ムードが漂っているなか、2月29日に椎名林檎率いる東京事変は東京国際フォーラムでのライブコンサートを実施。

このことが賛否両論でネット上で様々な意見が飛び交っていました。

 

東京国際フォーラム:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5−1

最寄り駅:JR有楽町駅

ライブコンサートが行われたのは東京国際フォーラムで動員は1万人くらいと発表されている。

ライブは1時間半にわたり、MCやアンコールはなく続いたとのことで、会場である東京国際フォーラムではマスクをした観客でいっぱいだったという話でした。

なぜ2月29日に東京事変はライブコンサートをした?

新型コロナウイルスの感染が懸念されているから自粛されているイベントだが、この時期になぜ東京事変はライブをしたのか?

ネット上で大きな関心が寄せられています。

東京事変のライブには理由があったのかもしれません・・その理由はまとめてみました。

 

キーワードは「2月29日のうるう年」

 

これが大きく関係してそうで、東京事変は2008年に解散しているのですが、これが2008年のうるう年(2月29日)だったのです。

これが理由で東京事変復活であるライブも同じ2月29日にしたいという想いが椎名林檎にあって決行されたのかも?

という話題がネット上で議論されていました。

最新映画の名探偵コナンの主題歌である、東京事変「永遠の不在証明」もうるう年の2月29日にリリースされています。

これも含めて、2月29日のうるう年がいかに東京事変にとって特別な日であることがわかります。

とはいうものの、この状況での開催は賛成もありましたが、批判の声も相当の数がありました。

東京事変が2月19日のうるう年にライブを実施 ネットで「無責任」「最悪」と批判、炎上に?

2月29日にライブをおこなった東京事変。

東京国際フォーラムに1万人もの人を動員した大規模なライブ・・・

やはり決行したのが無責任じゃないか?何でこんな時期に?ファンの事考えているのか?

と言ったような否定的な意見もかなり上がっているようです。

 

批判の内容は、やはり新型コロナウイルス感染についてでした。

感染力がかなり高いとされているウイルスなだけにあって、この時期にこのタイミングで大規模なコンサートライブは感染者を増やすだけではないのか・・?

ライブに参加した人だけでなく、ライブで感染して、その周りの人まで感染と拡がる可能性もあって無責任。

こういった意見もありました。

やはり、この時期に1万人もの大規模なイベントは心配になりますよね・・・

何もなければいいのですが、新型コロナウイルスの感染の心配もあります。

 

東京事変が2月19日のうるう年にライブ実施に「よくやった」と賞賛や好意的なネットの反応も

やはり意味のある2月29日のうるう年・・

この記念となる日にライブをしてくれたこと、こんな状況にもかえりみずにライブ決行をしてくれたことに賞賛、感謝の声といった内容の意見がよせられているようです。

新型コロナウイルスで活動自粛モードの中、同調した圧力に屈しないというのがロックでもあるという意見もありました。

銀座の有楽町での大規模ライブはこうして決行されました。

ネットの反応を中心に賛否両論の意見でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です