トイレットペーパーが買えない理由は?買い占めや売切れがまだ続く・・・品薄状態はいつまでか?

新型コロナウイルス感染の猛威が日本でもまだまだ続いています。

マスクの在庫がなくなり、品薄や売切れ状態の店舗も多く、なかなか買えないという人も多数おります。

マスクだけでなく、デマによる拡散でトイレットペーパーも買えないという状況がでてきています。

今回はこのデマによる買い占め騒動はなぜ起こったのか?このトイレットペーパー買えない問題はいつまで続くのか?各ドラッグストアの在庫や入荷状況についてまとめていきます。

新型コロナウイルス感染の影響でトイレットペーパーがない!買えない!買い占め騒動が起こって各地で品切れ

熊本市に住んでいる人からこんなつぶやきが発信されました。

「トイレットペーパーがどこにも売っていない」

ここから一気に拡散が始まり各地でトイレットペーパーを買い占めたりストックしたりと売り切れする店が続出。

今でもトイレットペーパーの購入が難しい状況となっています。

 

今回のトイレットペーパー買い占め騒動の発端となったのは九州の熊本。

トイレットペーパーの原料である紙はマスクと同じで買っておくことに越したことはない。

こういう情報がSNSで書き込みされて一気に広がったとされます。

このことで九州のドラッグストアではトイレットペーパーを買いに行く人が多く走り、中には買い占めや買いだめといった人もいたことで各地のドラッグストアや量販店で一気に在庫がなくなった状況になりました。

トイレットペーパーの買い占めや売切れはいつまで続いていくのか?(3月16日最新)

今回は、デマ情報によって引き起こされている「トイレットペーパーが買えない」問題

これ実際にトイレットペーパーが買えなかったら困りますよね?

実際にいつまでこの状態が続くのか・・・店舗の状況がどうなっているかというのをまとめてみました。

 

こちらはデマが拡散される直後(2月下旬~末)の各地の状況となります。

どこも綺麗に売り切れている状況で在庫もなさそうでした。

では、そろそろデマということも認知し始めており、トイレットペーパーが買えるようになったのでしょうか?

3月中旬の状況はコチラになります。

おまけ

 

日本ではようやく買えるようになったという声もきけるようになりましたが、まだまだ品薄感はあるようです。

やはり買いだめしている人もまだいるようで入荷してもすぐに売り切れる状況は続いています。

もうしばらくは続くかもしれませんが、今月くらいでは落ち着いてきそうなペースですね。

また、外国でも「トイレットペーパーが品薄で買えない」という状況が各地で拡がっているようです。

マスクも同様になればいいのですが・・・マスクはまだ時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です