スーパーの食品不足や品薄、品切れ、物流停止はデマ!買い占めの理由や原因はなぜ起こった?

2020年3月25日に東京都の小池百合子知事が週末の外出自粛を都民に呼び掛けました。

その後になって、都内スーパーマーケットで買い占めが発生しております。

ツイッターなどのSNSでは、都内のスーパーマーケットの食料品不足や品薄、品切れの状態の写真がいろいろとアップされました。

しかも、デマにも関わらず「物流までも停止する」ということに踊らされてしまい、一気に都民が買い物しにスーパーへ足を運び必要以上のものを購入したり、買い占めを起こしたりというのをしていました。

気になる物流停止がデマなのか、買い占めの理由や原因はなぜなのかについて書いていきます。

都内のスーパーでの食品不足や品薄・品切れ、物流停止はデマ?

都内のスーパーマーケットから大量の品が、棚から消えた画像や動画がネット上に大量にアップされた。

このことを受けて、次々と人々が不安になりスーパーへ買い占めや必要以上の量を買いにに走ったようです。

 

しかし、このような不安になるのは分かりますが・・

実は都市封鎖や首都封鎖で物流が滞ることは、まずありません。

 

今回はウイルスの感染拡大を防ぐために、人々の移動を抑制するだけであり物流が停止するというのではないのですね。

それは、ライフラインと言われる(電気、水道、ガス)が正常だからとなります。

この物流停止というのもデマとなるので実際に食料品が買い占められたスーパーの現象は一時的なものになりますね。

デマで脈絡もない行動をしてしまい今回のことが起こっています。

都内のスーパーの食料品の買い占めの理由や原因は?

「小池百合子知事が公表した、もしかしたら都市封鎖や首都封鎖になる」ということをネット上で情報を悪用してこのような騒動に導いていたということもありません。

 

これちょっと前にもありませんでしたか?

 

前回あった騒動でトイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理用品と同じ道を歩んでいますね。

なので、同じように今買い占めによりない商品は、普段変わらなく戻るかと思います。

 

この買い占め騒動がなぜ起こったのか・・・

・流通していないマスクと同様に商品が無くなってしまうと考え、買いだめ、買い占めに走った

・トイレットペーパーやティッシュペーパーのように一瞬在庫がなくなって現存するものがないから不安になっていたようです。

 

都内スーパーの食品を買い占めたり、買いだめしなくても問題なし

現状においては、「不要不急の外出を控えるよう」に要請されている

都市や首都が封鎖されたとしても、スーパーや薬局などに食品や日用品、医薬品などを買いに行けなくなるわけでもなく入荷しない訳でもありません。

 

外出が制限されるだけですね。

 

もちろん全国的に広範囲での感染が拡大すれば、物流停止の可能性も視野に入れる必要があるかもしれませんね。

今回のまとめ

都内のスーパーで食料品不足、品薄、品切れが多数でてしまいました。

これ、トイレットペーパーやティッシュと同じような現象になるかもしれません。

デマに何も考えずに参加するとちょっと危険になり兼ねないので情報の取捨選択をしっかりとして、

見極めていきましょう~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です