シャドバ 新カード(新弾 運命の神々)と新キーワード能力「連携」とは?まとめ【シャドウバース】

6月13日に配信されたしゃどばすチャンネルにて、第17弾カードパック「Fortune’s Hand / 運命の神々」が発表されました。

第17弾では新要素「連携」が追加されるようです。

本記事は注目の新要素についてまとめてみました。

シャドバ 第17弾運命の神々の新カードの一部が発表

6月13日に2枚のレジェンドカードが追加されました。

エルフのレジェンドカード「《吊るされた男》・ローフラッド」はエルフ史上初の特殊勝利効果を持ったフォロワーです。

理解するのに時間がかかる難解なカードテキストだな、というのが初見の感想です(笑)。

要約すれば、場と自分の手札と山札を消滅させて、相手の使っていたカードを10枚デッキに加えて、死神のカードを勝利のカードに変える、といった感じでしょうか。

まだ未発表のカードとシナジーがあるのか、現段階では使い方の想像がつきません。

現在使用されているコントロールエルフのようなデッキで使用するのでしょうか?。

いずれにせよ続報の新カードが楽しみですね。

そしてニュートラルのレジェンドカード「天覇風神・フェイラン」。

こちらはスタンダード期の「風神」のリメイクカードですね。

直接召喚の条件には新要素「連携」と書かれていますが、いったいどんな条件なのでしょうか。

シャドバ 新キーワード能力「連携」とは何か?

フェイランのテキストには、直接召喚の条件として「連携10;」と書かれています。

シャドウバース公式ホームページによると「【連携】X; と書かれた能力は、このバトル中に自分の場に出たフォロワーがX体以上なら働きます」とのこと。

フェイランの場合、連携を持たないフォロワー10体が場に出ていれば、直接召喚されることになります。

この「連携」のポイントは、コストを支払ってプレイしたフォロワーだけではなく、場に出ただけのフォロワーもカウント対象になるということです。

例えば、ネクロマンサーの「葬送」は、フォロワーが一度場に出てから墓場に行きますし、「リアニメイト」によって場に出るフォロワーもカウント対象に入ります。

また、エルフの「アクティブエルフ・メイ」も直接召喚の際、一度場に出てから手札に戻るため、これもカウント対象に入ります。

以上の点を踏まえると、クラスによって「連携」によるシナジーに差が生じるのではないでしょうか。

とはいえ、未発表のカードがありますので、じっくり見極めていきたいですね。

新カード情報についてネットの反応

以下、Twitter上の反応まとめになります。

・シャドウバース新環境予想

エルフのレジェンドの性能を見ると、自然軸相手には8ターン目リーサルが見える。
序盤はフェアリー等を大量展開することで、連携を上手く発動できる。
6ターン目まで、いい感じに展開できるなら、自然ドラゴンに有利?
ドラゴンもそれを警戒して自然軸組めないのでは?

・連携とかいうキーワード出てきたけど融合は機械と自然だけのキーワードで終了か?

・シャドバまた新しい言葉が出て来たのか
連携に関しては、フォロワー出した数?らしいから。ロイヤルとかエルフは余裕そうね

・シャドウバースの民、やいのやいの言いながら直接召喚もユニオンバーストも融合も実装2日目には慣れてたから連携も問題無いですね

・融合?連携?結晶?ユニオンバースト?アクセラレート?選択不可?攻撃不可?ネクロマンス?墓場?覚醒?エンハンス?シャドバすっげえ難しい!

・シャドバの新弾、連携という新しいキーワード能力を軸にしたカードがかなり出そう。ネクロは葬送、ロイヤルは展開、という具合。

シャドバ 新カード(新弾 運命の神々)と新キーワード能力「連携」についてまとめ

新弾から追加される「連携」ですが、さらに競技性の幅が広がりそうな要素です。

そして既存のデッキタイプとの親和性も高そうなので、連携が加わることにより強力になるクラスも出てきそうです。

引き続き、今後の新カード情報に注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です