ニューヨーク市場 NYダウ先物でサーキットブレーカー(CB)が発動して取引停止でヤバい・・世界恐慌始まった

ニューヨーク取引ではダウ平均が一時2000ドル以上下がり、S&Pで売買停止措置が行われた。

S&P500指数が取引時間中に下落率が7%を超えたことで、サーキットブレイカー(CB)が発動。

日本時間の22時35分頃に売買が自動的に停止する動きとなりました。

 

明日の東京のマーケットも波乱含みになるか?

新型肺炎に加えて原油安等も重なり、一時取引停止の局面もありうるのではと話題に。

新型コロナウイルスの影響は、リーマンショックと違い、金融だけでなく実体経済への影響も大きい。

日本も早めの大規模な経済対策が必要かもしれません。

今回はネットの反応を中心にサーキットブレイカー(CB)の話題、どうなるのか?

といったことをまとめていきます。

ニューヨーク市場 NYダウ大暴落によりサーキットブレーカー発動して取引停止に!

新型コロナウイルス感染の影響なのか、NYダウが今までに見たことのないレベルでの下落をしています。

そして3月9日22時35分頃とうとうサーキットブレイカー(CB)発動。

取引停止してしまう事態になってしまっています。

今回この出来事で以下のワードがトレンド入りする次第に

「ダウ平均」

「サーキットブレーカー」

「取引停止」

報道によるとNY市場が開催されるとダウ工業株30種平均は急落スタート、下げ幅は一時2000ドル以上にもなった。

新型コロナウイルス感染の世界的な感染拡大で景気や企業業績の減速や懸念が一段と高まるなか、原油価格の急落が売りを更に増した。

そして、すべての株式売買を一時中断するサーキットブレーカーが発動されました。

 

NYダウ大暴落 金融暴落とタピオカブームの関係ってあるの?

実はちょっと前から話題になっていたのが金融の大暴落とタピオカのブーム

これ一部の声から上がってきているのですが、改めてみると偶然じゃないですよね。

何かの前触れだったのか・・・これを予想していたかのように今回の金融暴落・・

そして世界恐慌へと繋がっていくのでしょうか。

 

第1次タピオカブームの時はバブル崩壊

 

第2次タピオカブームの時はリーマンショック

 

第3次タピオカブームの時は新型コロナ拡大して、NYダウ暴落、サーキットブレーカー

偶然の出来事にしてもちょっと怖いですよね・・

何かあるんじゃないかとつい考えてしまいました。

ニューヨーク市場 NYダウ大暴落によりサーキットブレーカー発動して取引停止ネットの反応

ネットでも今回のNYダウ暴落による反応は様々です。

いよいよ世界恐慌の再来かともありますし、こんな歴史的な動き初めて見たという声もあります。

とにかく、悲観的な意見というのが多く終末思想感があってヤバイ状況です。

ニューヨーク市場 NYダウ先物でサーキットブレーカー(CB)が発動して取引停止でヤバい・・世界恐慌始まった まとめ

NYダウ先物の大暴落でサーキットブレイカー発動についてネットの反応を中心にまとめました。

明日の東京市場もこの影響はでてくるのではないでしょうか?

東京取引も下げから入るのかと考えられます。

しばらくこのような暴落や経済状況が続くのかと考えられます。

2020年感染症拡大の影響でこうなるなんて誰が予想したでしょうか。

引き続き情報を追って追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です