カップラーメン(麺類)や冷凍食品、缶詰、お米、水の買い占めで売り切れ?品薄はいつまで?テレワークや臨時休校の影響?

新型コロナウイルスの影響でカップラーメンや冷凍食品、缶詰、お米、水が売り切れ状態になって品薄になっているとのことです。

マスクはわかるのですが・・・

まさかのカップ麺や冷凍食品、お米、水、缶詰までもが売り切れるなんて!

 

臨時休校やテレワークの影響?

 

それにしてもここまでの事態になることは思ってもいませんでした。

Twitter等のSNSでは困惑の声が聞こえてきています。

 

あくまでも一部の地域がそのような状態というだけですので、気を付けてほしいです。

今回は、なぜそうなったのか?ネットの反応をまとめてみました。

 

カップ麺や冷凍食品、お米が売り切れ?品薄に!

新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄状態というのは、皆さんもご存じだったと思います。

そんなマスク品薄状態のときに「デマ情報」によって他の商品のティッシュペーパーやトイレットペーパー、生理用品までもが品薄状態になってしまうという事態になりました。

この2月末の週末はどこにいっても、ティッシュやトイレットペーパーを買い求める列!

本当ちょっと異常でこわいな・・と思う状態です。

このような状態になってしまったら止めることができません・・

 

マスク以外のもののティッシュやトイレットペーパーが品薄になって目の前で売り切れていき、そういった情報をみて人は「次はこれが品薄になって買えなくなるかも?」と不安から買い占めやストック買いをしてしまう。

 

そしてついに、食料品にまでもこの状態がでてしまったのです。

 

今回は震災のときの流通経路の確保ができないという理由ではなく、「売り切れるかもしれない?」という不安が原因でこのような事態になってしまっています。

こういう理由から、カップ麺、冷凍食品、缶詰、お米、水といったある程度蓄えることができる食料品から売り切れ、品薄となっていたようです。

また、これらの理由の他にも、各小中学校の休校の要請やテレワーク推進(リモートワーク)によって外に出るのは危険だから、家にひきこもっていよう、という思いもあったのかなと考えられます。

カップ麺や冷凍食品や缶詰や水、お米が売り切れについてネットの反応

不安から買い占めや蓄えに買っておこうということが起こって、どんどんと連鎖的に品薄や売切れにつながっていますね。

ちょっとこの状態は怖いなと思います。

カップ麺や冷凍食品や缶詰や水、お米が売り切れに品薄はいつまでについてまとめ

テレワーク期間になったり、休校措置で自宅でごはんを食べることが多くなりそうだから今回のように少し多めに買っていくということが、余計に売り切れるかも?と不安になり買い占めにつながったのかもしれないですね。

このような状態になったら、同じようにどんどん買い占めや売切れの商品が多くなっていくかもしれません。

政府や報道でこのような情報に注意するように呼びかけが必要なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です