なみはやリハビリテーション病院でコロナクラスター感染 院長や看護部長は誰?

なみはやリハビリテーション病院でコロナのクラスター感染が拡がっていますが、この発生したコロナについて隠ぺいしてたと話題になっています。

新型コロナウイルス感染陽性の看護師に対して勤務の指示をしており、結果としてクラスター感染が起こったとのことです。

こちらを指示した院長や看護部長は誰なんだ?とネット上でかなり批判の声が上がっています。

そこで、「なみはやリハビリテーション病院でコロナクラスター感染 院長や看護部長は誰?」についてまとめてみました。

なみはやリハビリテーション病院でコロナがクラスター化、コロナ感染を隠ぺいか?

なみはやリハビリテーション病院が新型コロナウイルス感染の陽性が確認されている看護師をそのまま勤務指示をだして勤務させていたということが発覚しました。

そして、最悪の事態が発生・・134人ものクラスター感染が確認されています。

なぜ、陽性の看護師をそのまま働かせていたのか?

病院側としては「代わりの人員が手配することができなかった」とあるが、これはありえないですね。

同僚からの告発?で判明したのですが、これがなかったら黙っておくつもりだったのでしょうか・・

かなり許されない行為だと思います。

なみはやリハビリテーション病院の場所や住所はどこ?

なみはやリハビリテーション病院

住所:〒544-0015 大阪府大阪市生野区巽南3丁目19−3

今回陽性看護師の夜勤指示でコロナクラスター感染を起こしたなみはやリハビリテーション病院のHP

なみはやリハビリテーション病院の院長は誰?指示したのは看護部長なのか?

なみはやリハビリテーション病院の院長は、現在公式ページには齊藤正伸院長と記載があります。

しかし、調べたところ少なくとも2020年2月半ばの時点では「由井三郎(ユイサブロウ)院長」の名前で登録されていました。

これは、今回のコロナ感染拡大を引き起こしたのが由井三郎院長で、今回のことで解雇になり、齊藤正伸院長となったのでしょうか?

病院の正式名称は「医療法人敬仁会 なみはやリハビリテーション病院」で、名づけられたのは2019年の12月1日。

それまでは「医療法人敬仁会 今里胃腸病院」という名前で運営していました。

 

そして、陽性症状がでているにも関わらず勤務指示をしたのは誰なのでしょうか?

院長の指示かどうか調べてみたところ詳細についてはわかりませんでした。

もしかしたら、看護部長からの指示かもしれませんね。

いずれにせよ、陽性が確認されているにも関わらず勤務指示を出して、結果としてクラスター感染を引き起こしているので病院はかなり批判されているようです。

なみはやリハビリテーション病院でコロナクラスター感染 院長や看護部長は誰?ネットの反応とまとめ

なみはやリハビリテーション病院でのコロナクラスター感染、コロナ隠ぺい?についてのまとめでした。

ネット上ではかなり批判の声や怒りの声が聞こえてきています。

コロナウイルス感染が陽性の看護師さんがそのまま働いていた・・人数が足りなかったからという理由・・

そして最悪の事態の130人近くのクラスター感染・・ありえません!

これを指示して働かせられた看護師さんもかなり気の毒ですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です