麒麟がくるのロケ地(撮影場所)は岐阜県のどこ? 明智光秀のゆかりの地も紹介

麒麟がくる ロケ地(撮影場所)岐阜

2020年から放送が始まったNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」のロケ地(撮影場所)と舞台についてチェックしてみました。

今回は主人公の明智光秀の出生地と言われている岐阜県について書いていきます。

今までの大河ドラマですと出生地や居城があった場所がロケ地候補となっています。

実際に岐阜県でもロケ地(撮影場所)として使われていました!

それでは、実際の撮影場所やゆかりの地を紹介していきたいと思います。

麒麟がくるのロケ地(撮影場所)は岐阜県の岐阜市・可児市・恵那市

岐阜県の岐阜市、可児市、恵那市にそれぞれ「大河ドラマ館」が特設されています。

このことと、エキストラ(撮影協力)があったので、大河ドラマのロケ地・撮影場所であると言えるのではないかなと思います。

大河ドラマ館では、様々な歴史や情報に触れることができるので、より深く歴史をしることができます。

内容や背景を知っていると一層「麒麟がくる」の大河ドラマを楽しむことができるんじゃないかなと思います。

是非、巡礼の際にはそれぞれの「大河ドラマ館」にも足を運んでみてくださいね!

麒麟がくる岐阜県のロケ地(撮影場所) 明智長山城(あけちおさやまじょう)について紹介

この明智長山城が明智光秀の生誕の地と言われています。

しかし、明智城は岐阜県恵那市明智町城山にもあるため、こちらで生誕したという説もあります。

今は城跡となっているようです。

明智長山城は、初回の放送ででてきていますねー。

実際に訪れるとより楽しいです!

麒麟がくるのロケ地(撮影場所) 明智長山城のアクセス

 

 

「麒麟がくる」のロケ地 岐阜県の明智長山城のアクセス

  • 住所:岐阜県可児市瀬田1238-3
  • 名鉄広見線明智駅から徒歩40分

アクセスは名鉄広見線の明智駅から徒歩で向かうと3Km程度となります。

徒歩でいうと3~40分くらいなのでちょうどいいお散歩コースになりますよ~

そろそろ暖かくなってくるのでのんびりとお散歩するのもいいですね!

麒麟がくる岐阜県のロケ地(撮影場所) 岐阜城(稲葉山城)について紹介

明智光秀は織田信長に仕えているので、織田信長が居城していた岐阜城もロケ地になりますね。

このあたり一帯は織田信長が住んでいたと言われており、居住であった館での調査が行われているそうです。

初回の放送で、この岐阜城(稲葉山)がでてきていますね。

麒麟がくるのロケ地(撮影場所) 岐阜城(稲葉山城)のアクセス

 

「麒麟がくる」のロケ地 岐阜県の岐阜城(稲葉山城)のアクセス

  • 住所:岐阜県岐阜県岐阜市18
  • JRまたは名鉄岐阜駅からバスで15分、そこからロープウェイか徒歩

時間を掛けずに回りたいなら山のふもとにロープウェイがあるので、それでサクッと頂上まで登れます。

もしお時間に余裕があって楽しみたい方には、登山道も整備されているのでハイキングコースを利用して徒歩で向かうのも景色が楽しめて楽しいと思いますよ~!

麒麟がくる岐阜県のゆかりの地 白山神社について紹介

明智光秀といえばこの白山神社もチェックしておいてもいいかもしれません。

岐阜県山県市中洞のここも明智光秀の出世の地と言われています。

(どんなけ、出世の地があるのだろう・・)

ゆかりの地としてしっかりとあるということは、ここも訪れてみるのはアリですね~。

ただし、公共交通機関でのアクセスは結構難しいので車で向かわないと行くのは難しいです。

ひっそりとした静けさと佇まいに思わず吸い込まれそうな場所で神秘感すらある空間。

余裕がある方は是非立ち寄りたいですね。

麒麟がくる 岐阜県のロケ地(撮影場所)・ゆかりの地 まとめ

今回は明智光秀が生誕したと言われている岐阜県でのロケ地やゆかりの地についてまとめてみました~

ロケ地巡り(聖地巡礼)については、公共の交通機関もそれなりに走っているので行きやすいですね。

また、天気がよかったり暖かい季節ならお散歩したり、ハイキングしたりと巡礼以外にも楽しみができそうです♪

是非、お近くの人や岐阜近くを訪れた際には、ロケ地巡りもしてみるのもいいですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です