かのかり(アニメ)は何巻までやる?1クールのみ?2期の予定やネタバレ予想

今回は、7月から始まる「彼女、お借りします」のアニメについてのまとめです。

「かのかり」は、現在原作の累計発行部数が400万部を突破している大人気作品です。

そんな「かのかり」のアニメをフィーチャーしていこうと思います。

「彼女、お借りします」のアニメが2020年7月から放送

「彼女、お借りします」のTVアニメは、7月10日よりTBS系「スーパーアニメイズム」枠内で放送予定です。

アニメの制作会社はルパン三世」や「名探偵コナン」などの制作で有名な「トムス・エンタテインメント」です。

楽しみにまちたいところですね!

「彼女、お借りします」のアニメは何巻までやる?放送は1クールか?

ここ数年のアニメは、アニメの制作会社がテレビ局の放送枠を買い取って放送すると形をとっています。

なので、近年のアニメは1クール、長くても2クールくらいですよね。

「彼女、お借りします」はジャンル的にラブコメなので、恐らく1クールで人気が高かったら2期があるといった形だと思います。

放送自体は、1クールだとして原作の何巻までやるか気になりますよね。

大体コミックス原作のアニメは、1クールで3巻~5巻までくらいのものが多いです。

例えば、同じジャンルの「かぐや様は告らせたい」は1期の時、5巻の途中までを全12話で放送しました。

「五等分の花嫁」は4巻の途中です。

ですが「かのかり」の場合は、公式でキャスト発表されているヒロインが全員登場するのがコミックスでは5巻になっています。

なので、5巻までの内容がアニメ化されると思ってまちがいないでしょう。

「彼女、お借りします」のアニメのネタバレ予想

かのかりアニメは全ヒロインが全員登場するので1巻~5巻くらいまでの内容をいい感じにアニメ化されるのではと予想されています。

詳細までをじっくりとアニメで・・・となると5巻やるのは結構きびしいのでところどころで内容を省きながらも重要なところをしっかりとやってくれる。

という感じになるのではないかと思われます。

このあたりについては、詳細が分かりましたら追記してまいります。

「彼女、お借りします」のアニメ2期予定は?可能性はある?

現在2期の制作が発表されているわけではありませんがm「かのかり」は現時点で累計発行部数が400万部を突破しています。

既刊数が違うので一概に比較はできませんが、「五等分の花嫁」はアニメ化直前の発行部数が全7巻で100万部でした。

かのかり」既刊14巻で400万部なので、単純計算でアニメ化直前の発行部数を比べると「かのかり」のほうが倍は売れているということになりますね。

「五等分の花嫁」はアニメ終了後に300万部を超えていて2期も決まりました。

「かのかり」も、アニメ化効果で原作の売上が跳ね上がれば2期の可能性は十分にあると思います。

昔は、円盤の売上が5000枚以上が2期の制作ラインと言われていましたが、昨今のサブスクなどの流行により、5000枚も基準の1つくらいにしかならなくなっていると考えられます。

評判が良ければ確実に2期はやるでしょう。

かのかり(アニメ)は何巻までやる?のまとめ

今回は、「かのかり」のアニメについてまとめていきました。

原作の方も盛り上がりを見せているので、アニメと合わせて楽しみたいですね!

7月から始まるアニメは必見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です