高速道路が完全ETC化検討でETC非搭載の車は高速道路に乗れない?検討されている方法とネットの反応まとめ

夏も近くなり遠出が楽しみになる頃ですが、高速道路の完全ETC化の話題が出てるみたいです!

「高速道路にそんなに乗らない人はETC搭載しなくてもいいかな?」

なんてちょっと前は思っていたのに、今は軽自動車にも標準装備でETCが搭載されるぐらい浸透してきました。

だけど、全ての車にETCが搭載されているわけではないし、普段そんなに高速道路に乗らない人やクレジットカードが嫌いな人には必要ない機械でした。

もし今後この話が進んだときには、搭載されていない車はどうなるのでしょうか?

今回は検討されている完全ETC化について詳しく掘っていきたいと思います。

高速道路が完全ETC化されるかもと検討されている

まだ完全化が検討されている段階ですが、もし本格的に完全化された場合は、車にETCを搭載しないと利用でき-*、なくなってしまいます。

ETCの機械を購入して取り付けてもらうのには料金がかかりますが、ETCカードの発行自体はほとんど無料で作ってくれます。

ただ、支払いはETCカードを発行したクレジットカード(指定口座からの引き落とし)になります。

現金や他の支払い方法で利用することは難しく、デビットカードでETCカードを発行できるところも稀にあるので、どうしてもクレジットカードを利用したくない人はデビットカードの活用もいいかもしれません。

デビットカードは支払いをしたとき、すぐに指定の口座から引き落とされる形になります。

クレジットカードのように後からの支払いではないので、使いすぎたりクレジットカードの利用に不安がある人は、確実にその日のうちに支払いを終えられるデビットカードが安心できると思います。

ETC化についてクレジットカードを持っていない人はETCカードどうするか?

有料道路のみで使えるETCカード【ETCパーソナルカード】を発行することができます。

ETCパーソナルカードを発行するときにご自身で利用できるデポジット(保証金)と、通行料を支払う指定口座を設定します。

※クレジットカードでもプリペイドカードでもないので、このカード自体に支払い能力はありません。

ETCカードで利用できるのは最初に設定したデポジット(保証金)の80%までなので、20000円に設定した場合は、14000円までしか利用できません。

このETCカードは通行料を支払う約束の元、設定したデビット(保証金)の80%まで利用ができないカードとなります。

従来のクレジット機能のETCカードとの違い

  • ”通行料を指定の銀行から支払う”お約束”の元、カードを発行します。
  • カードを発行する際に、通行料を支払う約束の「保証金額」を設定します。
  • 未払いの引き落としが終わるまで、設定した保証額の80%を上限を超える利用はできません。
  • このカード自体に支払い能力はなく、あくまで通行料を自分が決めた保証額で必ず支払いますと約束したもので、通行料を計算してくれるアイテムだと思ってください。

必ず80%以下での利用に抑えられるので、常に有料道路を使う人はデポジット(保証額)の設定が大切になります。

有料道路のETCを使うためだけに作られるカードなので、クレジットカードやデビットカードが嫌いな人も安心して持てるカードですね。

ただ、管理や設定などの関係で年会費が税込み1257円かかりますが、支払い機能があるクレジットカードではないので安心してください。

ETC化に向けて、ETC非搭載の車はどうなるのか?

ETCを搭載していない車を計算すると、1割程度しかいないみたいです。

人件費もかかるし、高速道路での渋滞も考えるとETCを普及したい気持ちもわかるけどな…と軽く考えていましたが、「新型コロナの感染予防のために対面での支払いを廃止したい」建前もあるみたいで、ETC完全化の話が出ています。

現時点で非搭載の方への支援方法などは一切決まっておらず、非搭載の方々も安全にETC化ができるよう対策や支援を考えるのが、一番の課題に感じます。

搭載されていない車にはまず機械の取り付け、クレジットカードやデビットカードでのETCカード発行促進、ETCパーソナルカードの認知など、今まで現金で利用していた人たちの気持ちや環境、経済面も支える必要がありますね。

いきなり完全化にしたとき正常に有料高速道路が機能するのか心配なので、正直、複数のレーンのうち1つでも人が残ってくれる現金支払いの場所が残っていてほしいです。

将来的にETC化がどんどん進むと思いますが、まだまだ課題や心配が残った案ですね。

高速道路の完全ETC化についてのネット反応は?

今回の記事まとめ

以上が高速道路が完全ETC化検討でETC非搭載の車は高速道路に乗れなくなるのかについて、まとめさせていだたきました。

今の時点で非搭載の方への対策や支援は何も出ていない状態です。

普段からETCを使っている人でも、正しく認識されなくなったとき、突然ETCが作動しなくなったときなどを想定して、完全化に不安な声があります。

高速道路のETC部分で立ち往生して渋滞ができる事態も怖いですし、途中で作動せず高速道路に取り残されることも本当に怖いです。

完全ETC化を実現するために、ETCを搭載している9割の人たちの不安も取り除く準備も忘れず行ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です