愛知県蒲郡市の「コロナばらまき男」元暴力団で反社?複数の前科があったとのうわさも、ネットの反応は?

愛知県蒲郡市での50代コロナウイルス感染者の男性が死亡したというニュースが入ってきています。

この50代の男性はコロナウイルス陽性反応がでていて、県から自宅待機を指示されていたにも関わらず、外出をしてしまっており、「コロナウイルスをばらまいてやる」と大声で叫びながら街中を練り歩き、飲食店までいって濃厚接触までしていた男です。

今回は、このことについてネットの反応をまとめていきます。

愛知県蒲郡市の感染者「コロナばらまき男」は元暴力団?

 

愛知県蒲郡市で、新型コロナウイルス感染で陽性と知っておきながら、自宅待機指示を無視して「ウイルスをばらまいてやる」と外出した50代男性。

立ち寄ったフィリピンパブの30代女性と濃厚接触をして、この女性はコロナウイルス感染して陽性となりました。

このフィリピンパブについても営業自粛にまで追い込まれて、店内消毒や対応に追われているとのことです。

フィリピンパブの経営者は被害届を出すと話しており、お店や色んな方々に迷惑をかけてきた男で話題となっています。

その男が反社会的な元暴力団員であったと「週刊文春」で報じられています。

そして、複数の前科ももっているということも報じられています。

 

一例として、13年前に運転中にクラクションを鳴らされたことに腹を立てて、トラックの運転手を殴り倒してお金を脅し取って逮捕されている。

2年前にも隣人に対して「椅子を引きずる音がうるさい、〇すぞ」というような脅迫をしてお金を脅し取っていて逮捕もされていたりします。

こういった行為を何度も繰り返しており、逮捕もされているにも関わらず反省も後悔もしていないという状態でした。

 

愛知県蒲郡市の感染者「コロナばらまき男」は元暴力団?ネットの反応

ネットでは批判的な反応がやはり多く、今回のことも仕方のないことだというお話もありますね。

たしかに、陽性と分かっていてのあの行動は目に余るものがあると思いますし、飲食店やその従業員までに迷惑をかけている。

こういった無責任な行動をとっていたので、こういう意見が多くなるのも仕方のないことなのかもしれません。

愛知県蒲郡市の感染者「コロナばらまき男」は元暴力団?まとめ

「コロナウイルスをばらまいてやる」と陽性状態にも関わらずの外出、そして濃厚接触して他の人にまでウイルスを本当にばらまいてしまった男。

あまり同情はできませんが、突然亡くなったとの報道。

50代男性でまだまだ元気かも?という人でも重症になったら亡くなるのですね・・・

元々持病でガンもあったということで、今回のコロナウイルスとガンの関係はわかりませんが、陽性状態で今回のような行動は「テロ行為」になるんではないでしょうか?

世間全体がこういう話題に敏感になっている今、こういった無責任な行動をとる人が増えないように正しい情報やルール等を決めていかないといけないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です