はんこ注射(日本型BCG)「BCG日本株」は新型コロナウイルスに有効?免疫ができる?NHKが報道 はんこ注射のおかげで感染爆発していないらしい

※3月31日(火)最新記事追記※

BCGワクチン(はんこ注射、BCG 日本株)が新型コロナに効果あるのかも?

BCGワクチンがオーストラリアで臨床試験開始しているらしい。

これのおかげで日本ではコロナの感染爆発がされていないのかもしれません・・・

という情報が入ってきています。

少なくとも臨床試験の段階ということは・・・効いている可能性ありですね。

BCGは子供のとき受ける結核の予防接種なので、これは一見すると医学的に根拠のないトンデモにみえるが、ジョンズ・ホプキンス大学のBCG世界地図を見ると、疫学的な状況証拠は十分ある。

とのことでした。

今回はこのことについての「まとめ」とネットの反応をお伝えします。

記事については詳細が分かりましたら随時更新していくのでチェックしてみてください。

日本型BCGワクチン(はんこ注射)がコロナに有効か?とNHKが報道 臨床試験も開始していて期待

ネット上でこんな話題がありかなり盛り上がっています・・・

「日本型BCGワクチン(はんこ注射)が新型コロナウイルスに有効なのかもしれない」

これどっかの適当な話だったらスルーされるものなんですが、NHK報道なんですよね。

なので結構、信ぴょう性や何らかのウラがあるのではと考えてしまいます。

 

実際にネット上の反応もそんな感じで、オーストラリアのシドニーでは既に臨床試験の段階に入っていて確認をしているところとのことです。

これがもし本当であったら、かなりアツいですしそうであってほしいですよね!

このページを見ているほとんどの方が日本人の方だと思いますが、日本人は小学生くらいのときにBCGワクチン(はんこ注射)している人かなり多いと言われております。

一説によるとこのBCGワクチン(はんこ注射)が新型コロナウイルスの免疫になって効果となり日本人が集団免疫状態になっており、新型コロナウイルス感染拡大を防いでいるのではというお話になっております。

ただし、あくまでもまだ噂の段階で確かな確証的なデータや専門機関のコメントというのはない状態です。

そもそも新型コロナウイルスに関するデータも出そろっておらず、手探り状態で専門機関も臨床試験や確認をしているのだと思います。

もう少し、確定的な権威性のある機関からそういう情報が出てきたらかなり期待していいのではと思います。

ただ、明るい話題ですし、実際にオーストラリアでは臨床試験もしているとのことで可能性はあると考えています。

 

※3月28日(土)20:00最新情報追記※

WHO事務局長によると新型コロナウイルスのワクチン開発には少なくとも1年~1年半の期間を要するとし、早くても来年春~夏以降にまでかかると発表しております。

新型コロナウイルスに有効だと証明されていない治療法は控えるように呼びかけています。

新型コロナウイルスの有効な治療法は、今のところ確立されておらず、対症療法が中心で、世界ではエボラ出血熱の治療薬として開発中の抗ウイルス薬「レムデシビル」や、マラリアの治療に使われる「クロロキン」などを使った臨床試験が進んでいますが、アメリカでは今月、みずからの判断で「クロロキン」を服用した男性が亡くなっているとのことです。

すべての人がこまめに手を洗い、人との間隔をとるなど、一人ひとりが責任を持って行動する必要があると呼びかけています。

日本型BCGワクチン(はんこ注射)が新型コロナウイルスに免疫があるかは言い切れませんので確証があるまでこれも治療法としては控えるようにしないといけません。

 

3月31日(火)最新情報を追記

ハーバードのマレー博士もBCGの関係性の研究。

BCGやアビガンとか、コロナに有効性高いなら期待ですね。

 

オーストラリアのメルボルンでも既に臨床試験は進んでいます。

ほんと、これらが有効だったら・・・少しでも望みがあるのなら期待したいですね。

ただ、やはり仮説としてはまだまだ弱いのかなという意見もあるのであまりに過度な期待はしないようにはしたいですね。

これらは今想像を超えるスピード感で動いているので何かしらの吉報が聞ける日もあるかもしれません。

引き続き、この気になる情報は追っていきますので最新情報が分かりましたら追記していまいります。

 

はんこ注射(日本型BCGワクチン)ってそもそもどんな効果があるの?

日本型BCGワクチン(はんこ注射)が新型コロナウイルス感染に免疫があって効果がある。

というふうにネット上で言われてはおりますが、そもそも日本型BCGワクチン(はんこ注射)ってどんな効果があるのか?

これは、日本厚生労働省のホームページでBCGワクチンについての説明があったので調べました。

BCGってなんですか?

BCGは結核を予防するワクチンの通称であり、このワクチンを開発したフランスのパスツール研究所の研究者の名前を冠した菌:Bacille Calmette-Guerin(カルメットとゲランの菌)の頭文字をとったものです。
この菌は、本来牛に感染する牛型結核菌を時間をかけて弱めたものであり、1921年に初めて新生児に投与されました。以後、1924年には日本にも菌がもたらされ、わが国においても長い歴史があります。また、1965年には日本の菌(Tokyo 172 strain)からつくられたBCGワクチンがWHOの国際参照品に指定されています。

 

BCGワクチンにはどのような効果がありますか?

BCGは結核を予防するために接種するワクチンです。その効果について、多くの文献を総合的に評価した結果、乳幼児期にBCGを接種することにより、結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度予防することができると報告されています(Colditz et al, 1995)。また、一度BCGワクチンを接種すれば、その効果は10~15年程度続くと考えられています。
日本の結核患者の発生率は米国の4倍程あるにも関わらず、小児に限ると米国の小児の患者の発生率を下回っており、その一因は米国で広く接種されていないBCG接種の効果ではないかと言われています。

いずれも日本厚生労働省のホームページより参照

 

こちらの説明には、新型コロナウイルスに免疫あって効果ありとは記載はなかったですね(さすがに)

ただ、こういった情報が何らかの新型コロナウイルスの免疫に効果あるのかもしれないですね。

詳細な情報や専門機関、権威性のある機関のコメントや発表があり次第、追記してまいります。

日本型BCGワクチン(はんこ注射)が新型コロナに効果ありならアツい!ネットの反応まとめ

※3月29日最新情報は下あたりから追記しています※

BCGワクチン(はんこ注射)が新型コロナに有効だったらかなりいい情報になりますよね。

実際にオーストラリアでは臨床試験の段階に入っており・・可能性も高い気がしています。

(もちろん確定とか確かに効くではないのですが、やっている時点でアツいですね!)

今回は期待を込めて・・本当に効果あってほしい!!

ネット上の反応をまとめはコチラです。

まだ信ぴょう性もなく専門機関からの報道発表もない状態で、ネット上でも半信半疑な感じでしたが、やはりこの状況なので少しでも望みあるものには期待しているネット民も多いようです。

本当に新型コロナウイルスの免疫があって効果があるといいですね!

願っております。

 

※3月29日(日)最新情報について追記※

やはりよく見たり調べたりするとBCGワクチンが新型コロナウイルスに免疫があるかも?と感じてしまいますよね。

実際に、日本で死亡している高齢者45人のうち44人は1951年に開始されたBCGワクチン接種を受けていない世代らしいですね。

また、世界の新型コロナウイルス感染での死亡者を見ても充分な数字になってきているのでは?と感じます。

 

例えばBCG接種と死亡者数の関係というのでこのような書き込みがありました。

BCGワクチンの接種ナシの国に関しては、死者1万人以上になってきているイタリアやかなりの勢いで増えてきているスペイン、アメリカとこれらの国が含まれてきている。

一方でBCGワクチン接種有の国ですと、クロアチア、ポルトガル、アイルランド、ノルウェー、メキシコ、日本といったところで、人口数の割に死亡している人が少ないとなっています。

やはり、BCGワクチン(はんこ注射)は新型コロナウイルスに対して何らかの免疫があるのではと感じてしましますね。

5 COMMENTS

sss

何にしても予防接種なんだから、BCGを打たないより打っておいた方がいいでしょ
「治療法として控えるべき」って意味不明
BCGをやっておいて損はないだろ

返信する
a

そりゃ、「予防」に効果があるかも知れないという話の物を、
「治療」に使おうとはならないわな。

返信する

a へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です