9月入学制度で学年や早生まれはどうなる?いつからでスケジュールや入試や就職は?保育園は?反対もあり・・どうなる?

新型コロナウイルス感染拡大の影響が当初想定よりもかなり長引いている状態で各地の学校の休校が続いている状態になっています。

このまま休校状態が続くと学習過程が終了しないのではないか?と懸念の声も拡がっており問題となっております。

そんな中「9月入学・新学期」とする案が出てきています。

 

今まで日本は4月入学が普通だった為、いきなり9月入学や9月新学期になるということは様々な影響がありそうです。

特に世間では学年はどうするのか?

各スケジュールってどうなるのか?

といった心配の声も上がっているようです。

そこで、9月入学・9月新学期によって1年のスケジュールがどうなるのか?

そのことによる影響はどうか?

について調べてみました。

9月入学・9月新学期で学年の切り替わりはどうなるの?

9月入学や新学期とした場合に学年ってどうなるの?

という疑問がでてくると思います。

現在日本では、4月2日生まれ~翌年4月1日生まれが同じ学年となっています。

同じように考えれば、9月2日生まれ~翌年9月1日生まれが同じ学年ということになります。

これは文科省のホームページに4月1日生まれの人について載っているのでこれと同じ法則で考えると9月2日生まれからが新しい学年になってくると思います。

文部科学省4月1日生まれの児童・生徒の学年についての解説はコチラ

9月入学となると早生まれの定義ってどうなるのか・・?

今までの日本で4月入学としたときに早生まれというのは、1月1日~4月1日に生まれた人のことを言っておりました。

4月2日生まれから新しい学年となるので正月から学年が始まるまでに生まれた人のことを指しております。

同じように考えると・・・9月入学での場合の早生まれは1月1日~9月1日に生まれた人のことを言うのでしょうか?

 

これについてはちょっとどうなるかわかりませんね 笑

もはや早生まれという定義自体がなくなるのかもしれません。

同じように3か月の期間とする場合は、6月1日~9月1日に生まれた人のことを「早生まれ」とするかもしれませんね。

9月入学(新学期)にすると1学年が多すぎになる可能性が・・

政府は現在2021年からの9月入学を本格的に検討するという報道がありました。

仮に9月入学となった場合に入学対象者は、9月2日生まれ~翌年9月1日生まれまでの人が入学対象になります。

ただ、これまでに4月入学予定で待機していた児童や生徒が入学できていないのでこの人たちを同じ学年に入れないといけません。

そうなると、2021年9月(最初の9月入学)のときのみ「4月2日生まれ~翌年9月1日生まれ」としないといけません。

また9月に入学となると、2022年4月入学予定だった人が2021年9月に入学となります。

いきなり学年が繰り上がったりする可能性も考えられますが、これがどのように決められるのか今後の議論の争点となりそうです。

このあたりは今後も追ってみて最新情報がありましたら追記していきたいと思います。

9月入学・9月新学期で保育園や幼稚園はどうなるのか?

9月入学となることで影響がでそうなのが保育園や幼稚園も同じですね。

かなり大きく変わってくると思います。

保育園や幼稚園も小学校入学の学年の切り替えに合わせていかないといけないわけで、9月入学となった場合は同じように「9月入園」というふうになると思われます。

そうなると2022年4月入園予定だった4月2日生まれ~9月1日生まれの子どもは2021年9月に繰り上げ入園となる可能性があります。

保育園や幼稚園については入園するのが難しく待機児童がいる可能性もあります。

そのため、準備は相当入念にやらないといけないのにそれがまだいつからか定かではない・・こうなるとお父さん、お母さんは急な変更に対応が難しくなり混乱する可能性もでてきますね。

少なくともこの9月入学最初の数年はかなり混乱が予想されますのでしっかりと決めていかないといけません。

 

9月入学や9月新学期で学校行事のスケジュールとかはどうなる?

9月入学となると学校のスケジュールや企業スケジュールなども変わってくるかもしれません。

入学・卒業は9月や8月の時期になるのですが、そのほか部活の大会、春休みが長くなる?

大学や高校や私立入試はどうなる?

と課題が色々と出てきそうですね・・・

ちょっとシミュレーションしてみました。

9月      入学式、始業式

10月~11月 運動会

12月~1月   冬休み

3月~4月     春休み

5月              私立小学校等の入試

6月              大学共通テスト(センター試験)

7月              私立高校、中学入試

8月              夏休み、大学入試、公立高校入試、卒業式

改めてこうやって見てみるとちょっと不思議な感じがしてきますね。

こうなってくると今までやってきた行事や大会についても日程変更が必要になってくるかもしれません。

9月入学や9月新学期を採用している国はどこか?

9月入学でグローバルスタディ化するということが言われておりますが、海外では9月入学が基本なのでしょうか?

調べてみたところ、9月以外にも色々な月で入学するので国によりけりとなります。

ただ、先進国は9月に入学するケースが多いようです。

1月入学 シンガポール

2月入学 オーストラリア、ニュージーランド

3月入学 韓国

4月入学 日本

5月入学 タイ

6月入学 フィリピン

9月入学 アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ベルギー、トルコ、ロシア、中国、モンゴル

10月入学 カンボジア

国によってさまざまですが、学校が始まる月って結構ばらばらなんですね。

何月から入学をするのかも大事かと思いますが、何歳から入学するのか?といった年齢も大事になってくるのかもしれません。

9月入学制度で学年や早生まれはどうなる?いつからでスケジュールや入試や就職は?保育園は?反対もあり・・どうなる?まとめ

 

9月入学や9月新学期になったらどうなる?

というのを様々な観点でまとめてみました。

入学する月を9月にするだけで単純に済む問題でもなく、なかなか課題もあり難しい問題になりそうですね。

やはりイキナリ変わることに反対の意見もかなり多くなっており、決める場合は慎重に議論する必要もありそうです。

まだまだ開始するまでにかなり難しそうな9月入学、今後どうなるか注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です