10万円給付のオンライン申請方法は?手続きのやり方とマイナンバーカードが必要?申請期限はいつまで?

新型コロナウイルス感染対策で一律10万円を給付する「特別定額給付金」の申し込み方法が決定しました。

全国民に一律10万円給付を給付する制度が4月20日に閣議決定が行われました。

4月末には国会に法案が提出されて、早くて5月中に給付が始まるようです。

そしてスピード感を出すためにオンライン申請もあるとのことですが、10万円給付金をオンライン申請する方法についてまとめてみました。

10万円給付のオンライン申請方法はどのようにやる?申請期限はある?

10万円給付金については、各市区町村が主体となって実施されていきます。

対象となるのは4月27日を基準日として、住民記録台帳に記録されている人となります。

申請の開始日や支給の開始日は、各市区町村によりけりなので地域によって異なるようです。

オンライン申請の方法でスピード化を図りたいところですが、どのようにやるのか・・

オンライン申請方法

 

インターネット上の「マイナポータル」振込先口座を入力

 

振込先口座の確認書類をアップロードして電子申請

 

マイナンバーが必要であるが、本人確認書類の写しは不要

やはり、マイナンバーカードが必要となっているところがネックになってきそうですね。

申請期限はいつまでに実施する必要ある?

申請の期限については、郵送による受付開始日から3カ月以内の申請となっております。

忘れないように申請できるようになったらすぐに申請したいですね。

申請については世帯全体の申請を世帯主が行う

「特別定額給付金」の申請は世帯単位で、世帯主が代表して行なうようです。

申請をしないと、「特別定額給付金」がもらえません。

振り込みも世帯単位で、世帯の人数分が、指定された銀行口座に振り込まれるとのことです。

10万円給付のオンライン申請以外の申請方法はある?

新型コロナウイルスの感染予防のために、申請方法はオンライン申請がありますが、オンライン申請が難しい場合は「郵送」で申請する方法もあります。

混雑を避けるために、役所の窓口では受け付けていませんが、オンライン申請も郵送での申請も難しい場合に限っては、窓口もうけつけてくれるとのことです。(#各市区町村によるかもしれません)

郵送での申請方法

 

市区町村から世帯主てに郵送された申請書に振込先口座を記入

 

「振込先口座の確認書類」と「本人確認書類の写し」とともに市区町村に郵送

基本的には「マイナンバーカード」がネックになってきているため、こちらの郵送での申請がメインになってくるかもしれません。

窓口についても、受け付けるとのことですが密を避けなければ意味がないので、よほどのことが無い限りは、オンラインによる申請か郵送による申請かになってくると思われます。

ネットの反応とまとめ

ネットの反応としては、オンライン申請するのにマイナンバーカード使うところがかなりネックになってそうですね。

不満の声もかなり出ているようです・・・

とは言え、オンライン申請をするには現状のところマイナバーカードが必要そうです。

状況が変わったり、新しい状況がありましたら引き続き追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です