10万円給付対象者は子供や赤ちゃんや外国人も年齢制限なし?どうやってもらえる?みんなの10万円の使い道は?

4月16日に発表された現金給付について、国民1人あたり10万円給付されるのがいよいよ現実化されそうですね。

久々に明るいニュースかと思っています。

新型コロナウイルスの感染拡大が原因で仕事が減ったり、失業したりして困っている人もかなりいると思います。

そんな中の現金給付はありがたいと思っています。

この現金給付は子どもや赤ちゃん、外国人も含まれてくるのか?

いつどうやったら貰えるのか?

みんなの10万円の使い道は?

についてまとめてみました。

10万円給付金対象者は子どもや赤ちゃんも?年齢制限もなし?外国人も貰えるのか?

2020年4月16日、安倍晋三首相は以下のように発表しています。

「全国すべての国民の皆さまを対象に、一律1人当たり10万円の給付を行う方向で、与党で、再度、検討を行っていただく」

 

「全国すべての国民の皆さまを対象」と公言されているので、年齢制限などはなく子どもや赤ちゃんに対しても10万円は給付される可能性はかなり高くなりそうですね。

気になっている、年金受給者や公務員の世帯に対しても所得に関係なくの給付となることになりそうなので、「住民基本台帳」をもとに給付をしていくことになると思います。

そして、住民基本台帳に登録されている住所以外に在住している人に対しても給付することが検討されていることから、ほとんどの国民が対象となってくると思われます。

今回の一律10万円給付が決まったことによって、以前から話に上がっていた収入源による世帯主に限る30万円の支給というのはなくなると思われます。

また、住民基本台帳をもとに給付していくとなると、外国人の方も国籍関係なく給付されることになりそうですね。

住民基本台帳をもとにとあるので、大丈夫だとは思いますが、子ども手当のときの問題のようにならないように気を付けてほしいところです。

10万円給付の対象者はいつからどうやってもらえるのか?その方法は?

現金10万円の支給は「できるだけ早く国民の皆様にお渡ししたい」と話されており、スピード感も意識しているとのことでした。

1人あたり10万円とすると、12兆6000億円の予算が必要になってきます。

当初20日に補正予算案を提出、24日までに成立する考えでしたが、日程がややずれ込んでいるようです・・・

 

組み換え予算案を20日に閣議決定しなおし、27日に提出。

29日の祝日に審議を行い、4月30日の成立を目指すと報じられております。

やはり必要な人にはなるべく早く手元に欲しい現金・・・

早めの対応が望まれております。

10万円の給付はいつからされる?

では、10万円の給付はいつからされるのか?

4月中の給付スタートは、さすがになさそうですね。

予算案が成立した4月30日以降は、すぐに給付がスタートすると思われます。

そのため、5月中旬から下旬が早くて6月頭までには給付されているというスピード感かと予想します。

どうやったら貰えるのか?その方法や申請は?

さすがに役所で申請で・・・というのは人も殺到することで意味がないと思われますね。

4月17日の安倍首相の会見では、オンラインで申請する方法になるか、郵送で、ということになりそうですね。

明確には決めってはおりませんが、オンラインでやりつつ、オンラインが難しい方向けには郵送で実施という風になりそうですね。

その後は、指定した銀行口座への振り込みになるか、現金書留で郵送になるという方法になるかと思います。

こちらもスピード感もってしていただけることを願います。

10万円給付されたときの使い道は?ネットの反応まとめ

10万円給付されたら何に使うのか?

これについてもネット上で話題になっています。

家賃の支払い等、支払いが滞っているものについての支払いに利用すると言った声や在宅によって重なった生活費や食費に充てるといった話も、コロナの影響でストレスになったストレス発散に利用という方も。

どのような使い道かどうか、以下にまとめてみました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です